痩せるお茶の生活|僕がお茶で痩せた10つの理由とその効果

ダイエットはダラダラ実行しても意味がない

ダイエットはダラダラ実行していても効果がありません。目標をきちんと決めることでダイエットに励みがつきます。
一日最低三十分は運動をするようにする、や食事は一日1200キロカロリーに抑えるただし週に一回は2000キロカロリーまでOK,や毎日トマトを食べるようにするなどです。
ただあまりに決めすぎても続かない可能性がありますので、自分流の最低ラインを決めるのです。これだったら絶対できる、というラインです。
仕事が忙しいから運動をする時間がとれないかも、という方は食事で調整するのも手段ですし、通勤中電車では座らない、など小さなことを目標にするのもよいです。
最初に自分で設定したラインをクリアできるようになって余裕がまだあるのであればそれ以上の負荷を自分に課すこともよいと思います。その辺りは自分の時間やお金が許す辺りの問題になってきますが、その時点でもやっぱりムリをしてはいけません。
今はダイエットをしている人たちのブログをネットで見ることもできますので、他人はこうやってダイエットをしているのだ、と勉強することもできますし、その人たちと比べて自分の食生活はどうか、と見直すこともできます。
ダイエットを今頑張っているのは自分だけではなくほかの人も頑張っているんだ、と思うと努力する目標もできますし、気合も入ります。くじけそうなときは人のブログを観るのもよいでしょう。
ダイエットは誰かと競うものではなく、自分でやって納得するものですから焦ることもありませんし、のんびりとやっていってかまわないものです。誰かに追い立てられて、や言われて実行していては続きませんし、それで痩せたとしてもリバウンドしてしまいます。
自分がどうなりたいのか、というのをゆっくりダイエットしていく中で理解して食生活も注意していこうなど考えることができます。
運動も継続は力なりですので、毎日自分で続けることができる小さなものでいいのです。歯磨きをしているときはスクワットをする、水平足あげ体操をする、など小さなことを毎日実行するのが続くコツです。