痩せるお茶の生活|僕がお茶で痩せた10つの理由とその効果

ランニングを日常的に行うダイエット方法

ダイエットをする方法としてよく挙げられるのが、食事制限と運動です。
食事制限は非常に効果が高く、比較的短期間で効果が出るのですが、日々食べるものを制限されるということもあり、長期で続けることが難しいダイエットかもしれません。
運動については、初期の段階では筋肉の量の増加などにより体重が増加する可能性があるなど、短期での効果は見えにくいのですが、長い目で見ると必ずと言って良いほど効果がでるダイエット方法ではないでしょうか。

 

ダイエットのための運動としての代表格がランニングです。
水泳などと違いシューズさえあればどこでもできて、一人で行う事ができる運動ということもあり人気のスポーツです。
しかし、このランニング、手軽に行うことができる割には中々継続できずに途中で断念してしまう人が少なくないとうことも事実です。
長い目で見てこそダイエットに効果的と言える運動ですから、継続することができないのであれば殆ど意味がありません。
運動、とりわけランニングによるダイエットの秘訣は、とにかく継続することと言えるでしょう。
ではどのように継続すれば良いのでしょうか。

 

走る距離を決めずに時間を決めることにしましょう。
多くのランニング初心者はまず走る距離を決めます。
今日は5キロ走ろう、明日は10キロ走ろうなどと毎日の走る距離を決めるのですが、ランニングの初心者なのですから、中々思うような距離を走ることができません。
どれだけの時間走っても目標の距離に到達することができずに挫折してしまいます。
挫折が続くとモチベーションも下がってしまい、ランニンをやめてしまうのです。
距離ではなく走る時間を決めましょう。
今日は20分、明日は30分といった具合です。
時間であればスピード関係なく、のんびり走っても良いのですから達成しやすい目標ではないでしょうか。
日々、目標を達成することにより、ランニングに対するモチベーションも上がり、ランニングを継続しやすくなるのではないでしょうか。
ランニングが習慣化してくると、走ることも苦ではなくなり、走ることが苦ではない身体ができてくるとダイエットにも繋がってくることは間違いないでしょう。

 

ランニングが継続できる身体になることでダイエットへの道が拓けるのです。